外断熱・コンクリートの補修・改質・保護で省エネ&ゼロエミッション化を目指すバークス環境

シラン系含浸材の特徴

コンクリート等の表面含浸材の2つの区分

ケイ酸系とシラン系と呼ばれる2つの大きな区分があります。

シラン系の特徴

「シラン系」という呼称で包括される表面含浸材の大きな特長は、
コンクリート表面にR(Si-O)構造を形成し、撥水性能を付与することです。

ポリシロキサン骨格の主鎖である(-Si-O-Si)の無機結合は、
非常に強固で安定した構造になっています。また無機のため紫外線の影響を受けません。
なぜならば、シロキサン結合はその結合エネルギーが101Kcal/molであるため、
紫外線(300nm)の持つ85Kcal/molでは解離しないためです。

この無機部の表面に有機側鎖として、
撥水基としてデザインされた官能基(R)が付与され、
無機/有機ハイブリッド高分子を硬化時に形成する液剤が、
いわゆる「シラン・シロキサン系」表面含浸材です。

シラン系表面含浸材の選び方

たとえば現在、市場で主流とされるシラン系表面含浸材には、
アルキルアルコキシシラン系、アルキルシリコネート系などがあります。

これらは、撥水効果をもたらす官能基=撥水基(R)部分が、
主にアルキル基(CnH2n+1)またはアルキル基を有する構造になっています。

つまり、市場で主流であるシラン系表面含浸材の
官能基=撥水基(R)部分は、先に述べたとおりカーボンを含む有機物であり、
紫外線による影響を徐々に受けることになってしまうのです。

コンクリート撥水材Sクリートガードの特徴

Sクリートガード(シランシロキサン系)については、
この官能基(R)について、高い撥水性能を発揮しながらも、
安定性が高く紫外線の影響を受けにくいようデザインされています。

「シラン系」と括られる製品カテゴリにおいても、
この疎水基(R)箇所の構造が異なる点をご理解ください。

また、Sクリートガードは、いわゆるシラン系の特長である
「コンクリート表面での撥水効果」だけではなく、
内部に浸透してコンクリートの吸水防止効果を高める成分が配合されています。

そのため、Sクリートガードをコンクリートに塗布することで、
「超撥水層」と「吸水防止層」の2層が形成され、
これが「遮水層」として機能するのです。

シラン系表面含浸材「Sクリートガード」についての詳細は、下記をご覧ください。

Sクリートガード

Sorry, comments are closed for this post.