外断熱・コンクリートの補修・改質・保護で省エネ&ゼロエミッション化を目指すバークス環境

世田谷某マンション大規模修繕工事|フレスコスカラー・Sクリートクラック

施工前写真
南面 外壁塗装面に多数クラックが発生。
既存塗装はアクリルシリコン系の塗料と思われる。1-1.施工前写真 南面 外壁塗装面に多数クラックが発生。 既存塗装はアクリルシリコン系の塗料と思われる。

 

施工前
南面 サッシ回りのクラック
1-2.施工前 南面 サッシ回りのクラック

 

施工前
サッシ周りはコンクリート躯体と充填モルタルとの界面でクラックが発生することが多い。1-3.施工前 サッシ周りはコンクリート躯体と充填モルタルとの界面でクラックが発生することが多い。

 

施工前
東面 正面道路に面している為、1番メインの壁だが、クラックが多く目立っている。2-1.施工前 東面 正面道路に面している為、1番メインの壁だが、クラックが多く目立っている。

 

Sクリートクラック工法
クラックに沿ってSクリートアップを十分に塗布(2回)
Sクリートアップは浸透性に優れているため、クラックの底まで到達しクラックの進行を抑制する。2-2.Sクリートクラック工法 クラックに沿ってSクリートアップを十分に塗布(2回) Sクリートアップは浸透性に優れているため、クラックの底まで到達しクラックの進行を抑制する

 

調合したSクリートクラックの主剤をゴムベラにてすり込む。2-3.調合したSクリートクラックの主剤をゴムベラにてすり込む。

 

表面に残った材料はそぎ取っていく。測定点 Sクリートクラック工法 3-1 表面に残った材料はそぎ取っていく。

 

Sクリートクラック主剤を刷り込んだ状態。3-2 Sクリートクラック主剤を刷り込んだ状態。

 

Sクリートクラック主剤を刷り込んだ状態。3-3 Sクリートクラック主剤を刷り込んだ状態。

 

Sクリートクラック主剤を刷り込んだ状態。4-1 Sクリートクラック主剤を刷り込んだ状態。

 

フレスコスカラー(シロキサン系無機質塗料)をローラーにて塗布4-2 フレスコスカラー(シロキサン系無機質塗料)をローラーにて塗布

 

フレスコスカラー仕上げ完了
クラックの補修あとは目立たず、綺麗に仕上がっている。4-3 フレスコスカラー仕上げ完了 クラックの補修あとは目立たず、綺麗に仕上がっている。

 

フレスコスカラー仕上げ
仕上げ後
北側 擁壁
多数クラックが発生していたが、補修跡が目立たず、仕上がっている。フレスコスカラー仕上げ 5-1 仕上げ後 北側 擁壁 多数クラックが発生していたが、補修跡が目立たず、仕上がっている。

 

南面
フレスコスカラー仕上げ完了
5-2 南面 フレスコスカラー仕上げ完了

 

東面
フレスコスカラー仕上げ完了
5-3 東面 フレスコスカラー仕上げ完了

 

東面
Sクリートクラック工法はクラックの再発が少ない。
フレスコスカラーは無機質塗料のため、紫外線劣化に強く、帯電性が無いため、汚れにくい。6-1 東面 Sクリートクラック工法はクラックの再発が少ない。 フレスコスカラーは無機質塗料のため、紫外線劣化に強く、帯電性が無いため、汚れにくい。

 

東面
クラック補修あとは目立たない。
フレスコスカラーは汚だれが付きずらく、長期に美観を維持できる。6-2 東面 クラック補修あとは目立たない。 フレスコスカラーは汚だれが付きずらく、長期に美観を維持できる。

塗装材のクラック補修

塗装材のクラック補修をフレスコスカラーを使用し
Sクリートクラック工法にて行いました。

施工前

塗装材のクラック補修01

塗装材のクラック補修02

水性アクリル樹脂系吹き付け仕上げに多数のクラックが発生

塗装材のクラック補修03

シャッター脇のクラック 水性アクリル系櫛引仕上げ面 コンクリート躯体とモルタルと の界面で、挙動による大きな クラックが発生。

塗装材のクラック補修04

水性アクリル樹脂系塗装材のクラック補修 Sクリートアップを先行注入後、Sクリートクラックをすり込み
塗装材のクラック補修05

Sクリートクラックをすり込み

塗装材のクラック補修06

Sクリートクラックをすり込み  Sクリートクラックは超微粒子のためパターンがつぶれにくい

塗装材のクラック補修07

シロキサン系無機質塗料(フレ スコスカラー)をローラーにて 再塗装

塗装材のクラック補修08

フレスコスカラー塗布 Sクリートクラックは超微粒子 セメントの為、仕上げに補修の 痕跡を残しずらい。

塗装材のクラック補修09

フレスコスカラー塗布

施工後塗装材のクラック補修10

1年半経過後 クラックの再発が無く、汚垂れ も無い

塗装材のクラック補修11

開口廻りのクラック クラック補修の痕跡は目立た ない。

塗装材のクラック補修12

シャッター脇のクラック 動きの大きい箇所だが、1年 半経過後 未だクラックの再発 が無く、補修の痕跡が残って いない。