外断熱・コンクリートの補修・改質・保護で省エネ&ゼロエミッション化を目指すバークス環境
EBフォーム

EBフォームは日本の気候を十分に考慮した最も安全な湿式外断熱

外断熱のデメリットを克服!

一般的な湿式外断熱は欧米諸国からシステム輸入をしたものが大半ですので、
欧米より雨量の多い日本においては防水の概念が抜けていました。
日本の降雨量は欧米の5倍もあるため、防水機能が欠かせません。
※詳しくは、コラムをご覧ください

EBフォームはEPS断熱材の表層に防水層を形成しますので、漏水の心配がありません。

外断熱EBフォームの台風への対策

また、台風の多い日本では耐風圧・衝撃性が不可欠なのですが、
EBフォームはグラスファイバー混入型の特殊ポリマーセメントを
5mm程度の厚みで塗布しますので、風圧・衝撃に強い壁面が形成できます。
また、耐クラック性能も高いので、しっくい・土壁仕上げにも、対応します。

EBフォーム断面図

RC造 外断熱の優位性

EBフォームによる外断熱工法は、優れた断熱機能により建物の室温を一定に保ちながら躯体を守ります。断熱効果により冷暖房負荷を軽減することができるため、省エネしながら、コストも削減。人と建物、さらに環境にも優しいシステムです。

コンクリート躯体を保護し、コストを削減

コンクリート中性化
直射日光、気温の変化、酸性雨等きびしい自然環境から
コンクリート躯体を保護し、劣化(中性化)・ヒビ割れを防ぐので、
メンテナンスコストの削減につながります。

省エネにより冷暖房光熱費を削減

2eb_form_yui_b
コンクリート壁が室内温度に近づくため
内壁部の結露を抑制し、

アレルギー症状の一因である
カビ・ダニの発生を防ぎます。
また、外気温に左右されない
一定の室内温度が保たれ、
四季を通して快適な生活空間が得られます。

結露を防ぐ、人に優しい健康・快適な住空間

3kabiコンクリート壁が室内温度に近づくため
内壁部の結露を抑制し、
アレルギー症状の一因であるカビ・ダニの発生を防ぎます。
また、外気温に左右されない一定の室内温度が保たれ、
四季を通して快適な生活空間が得られます。

ライフスタイルに自由に対応

4eb_form_yui_d
コンクリート躯体が直接室内の壁となるため、
ライフスタイルの変化に対応して
内装を容易に変更できます。

EBフォーム性能試験結果

5eb_form_shiken_a6eb_form_shiken_b7eb_form_shiken_c8eb_form_shiken_d

施行実績

外断熱の一軒家(しっくい仕上)|EBフォーム

西麻布某住宅(一軒家)の外断熱( EBフォーム)実績です。
外壁はしっくい仕上げです。

EBフォーム EBフォーム

EBフォーム

外断熱施行実績|EBフォーム

埼玉某老健施設に外断熱(EBフォーム)を施工しました。

埼玉某老健施設

EBフォーム

外断熱の一軒家、様々な壁面に対応|EBフォーム

外断熱(EBフォーム)は漆喰仕上げ、土壁仕上げ、FMXなど、様々な外壁に対応します。

EBフォーム(外断熱)しっくい仕上げ

EBフォーム(外断熱) 土壁仕上げ

EBフォーム(外断熱) FMX仕上げ(超耐久性ハイブリッド仕上げ材)

EBフォーム(外断熱)FMX櫛引仕上げ

EBフォーム

EBフォーム施行実績-1

EBフォーム施行(T邸)

EBフォーム施行(T邸)

 EBフォーム施行(U邸鎌倉)

EBフォーム施行(U邸鎌倉)

 EBフォーム施行(I邸鎌倉)

EBフォーム施行(I邸鎌倉)

EBフォーム

N邸 外断熱改修工事(EBフォーム)

この家は35年前の木造住宅でした。
内断熱が施行されていなかったので冬は寒く、夏は暑い住環境でした。

外断熱改修後は冬場はずっと運転継続だったエアコンも
夜8時には暑いので止めてしまい、
就寝時2枚の掛け布団を使用していましたが
1枚で十分になりました。
夏場もエアコンの運転時間が大幅に減りました。

エコポイントがついて、
なお省エネ減税が適応になりましたので、
外断改修をして本当に良かったと感じております。

(施主:N様談) 平成22年月8日

 

施工前

EBフォーム

 

EPS断熱材(50mm厚)を接着

EBフォーム

防水ポリマーセメント塗布

EBフォーム

ガラスメッシュ+ポリマーセメント

EBフォーム

FMX HMS仕上げ

EBフォーム

EBフォーム