外断熱・コンクリートの補修・改質・保護で省エネ&ゼロエミッション化を目指すバークス環境

シロキサン系水性無機質塗料フレスコスカラープラス

colorplus_big

実感できる遮熱力。
夏の暑さ対策と冬の寒さ対策に優れた多機能塗料

フレスコスカラーの効果

・遮熱
・超速乾性
・室内保温
・結露防止
・火傷防止
・省エネ、温暖化対策
・高耐久性
 

FRESCOS COLOR+の特長

FRESCOS COLOR+の特長

FRESCOS COLOR+は化学的に安定し耐候性にすぐれたナノ粒子レベルのガラスビーズが配合されており、長期間にわたり安定した遮熱効果を発揮します。

FRESCOS COLOR+の特長

高い遮熱・断熱効果により冷暖房機器の使用を最小限に抑えることが可能となります。

FRESCOS COLOR+の特長

FRESCOS COLOR+ は暖房機から発している熱を蓄積し(蓄熱)、室内の温度変化を緩やかに保ちます。冬に備えて室内に塗布することがお勧めです。FRESCOS COLOR+ の高い保温効果により結露防止の対策が講じられます。

FRESCOS COLOR+の特長

FRESCOS COLOR+ は優れた速乾性を有してます。そのため工期を大幅に短縮することが可能となります。また、非常に速乾性が高いため施工当日のゲリラ豪雨によって塗料が流出する心配もありません。

■ FRESCOS COLOR+の高い遮熱効果・高耐久性

FRESCOS COLOR+はナノ粒子レベルの真空ガラスビーズが配合されているため、長期間にわたり安定して高い遮熱効果を発揮します。また紫外線による影響の少ないシロキサン系塗料のため対候性にも優れています。

■ 自然環境にやさしい水性、着色タイプでも高い遮熱効果

一般的な既製遮熱塗料材は白色(ホワイト)以外の色調では十分な遮熱効果が得られにくいのが現状ですが、FRESCOS COLOR+は白色以外でも極めて高い効果を発揮します。

■ FRESCOS COLOR+を外壁に塗布、夏の暑さ対策に

FRESCOS COLOR+を屋外の屋根、外壁などに塗布することにより、夏の暑さ対策に極めて有効です。高い遮熱効果により、冷房費用が20-40%削減されます。

■ FRESCOS COLOR+を室内に塗布、冬の保温効果をアップ

FRESCOS COLOR+を室内に塗布すると、冬の寒さ対策に極めて有効です。高い保温効果により、暖房費用が20-40%削減されます。

■ FRESCOS COLOR+なら火傷防止にも

夏季になるとトタン屋根や生コンタンクなどの金属表面が熱せられ、接触による火傷の例も少なくありません。
過度な温度上昇を抑えるために散水等により金属面を冷却させますが、FRESCOS COLOR+を塗布することにより冷水を掛ける手間が省けます。

FRESCOS COLOR+の特長

FRESCOS COLOR+なら、選べる多彩なカラーバリエーション。色つきでも遮熱性能は損なわれません。

FRESCOS COLOR+の特長

上記の住宅イラストは熱損失(ヒートロス)の箇所を表していますを表しています。FRESCOS COLOR+シリーズを活用することで、冷暖房の消費削減(20-40%)になります。

遮熱・保温効果の検証実験

(フレスコスカラープラス塗布・未塗布の比較)

遮熱・保温効果の検証実験

測定場所:埼玉県狭山市
塗布対象:スチール製物置(市販品)
対象期間:2014/09/26 07:00 ~ 2014/10/30 16:00
計測間隔:60分
計測記録数:1090 回(上書き設定なし)

一般的に屋外に設置されるスチール製物置を対象として、庫内に温度センサーを設置し、フレスコスカラープラスを塗布した場合と未塗布の場合の庫内温度変化を継続的に観測しました。

遮熱・保温効果の検証実験

■ 測定データの抜粋

計測時刻 未塗布 フレスコスカラープラス塗布
6:00am 18.5 19.0
7:00am 21.0 20.0
8:00am 29.0 25.0
9:00am 31.5 26.5
10:00am 36.5 30.0
11:00am 40.0 33.0

[観測日:2014年10月3日]

測定データの抜粋
測定データの抜粋
測定データの抜粋

上のグラフは観察期間の温度変化
( 外気温 ( 緑 )、フレスコスカラー・プラスを塗布した倉庫内の温度 ( 赤 )、未塗布の倉庫内の温度 ( 黒 )) を
グラフ化したものです。

フレスコスカラー・プラスを塗布した倉庫内は、未塗布の倉庫内と比較して急激な温度上昇は見られず、外気温の変化による影響を最小限に抑えていることが分かります。

また、上の表は 2014 年 10 月 3 日の遮熱および断熱(保温)効果の抜粋です。
フレスコスカラー・プラスを塗布することで、外気温の変化の影響を受けにくく倉庫内の温度を平衡に保つ効果が得られます。

上のグラフの結果と同じように、フレスコスカラー・プラスによってもたらされる外気温の急激な上昇に伴う密閉空間の温度上昇を抑制・緩和させる効果が顕著に表れています。

試験板へのフレスコスカラープラス塗布による遮熱性能の実験データ
(夏の遮熱対策として)

厚さ0.35mmのガルバリウム鋼板(アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板)に各塗料を塗布。白熱電球を45分間照射し、一般塗料とフレスコスカラープラスの背面温度を計測しました。

一般塗装 90.5°C
フレスコス
カラープラス(白)
56.3°C
温度差 34.2°C

夏の遮熱対策として

効果を実証するための測定装置

 

フレスコスカラープラス(ホワイト)のみを塗布したものは、一般塗料と比較して温度差が34.2°C低い(=遮熱効果が高い)結果となりました。
フレスコスカラープラスなら、選べる多彩なカラーバリエーション。色つきでも遮熱性能は損なわれません。

フレスコスカラープラスおよび関連製品一覧

塗料類 製品名 成分 特徴 容量
防錆プライマー 変性エポキシプライマー等 エポキシ樹脂 防錆処理が必要な基材にはカチオン系変性プライマーを塗布してください。コンクリート、モルタル、スレートなどの場合はSクリートアップをご使用ください。 4ℓ、18ℓ
コンクリート/モルタル Sクリートアップ ケイ酸塩系コンクリート改質材
主材 FRESCOS COLOR+ シロキサン系塗料 高い遮熱性を有し、高耐久性かつ超速乾性の塗料です。 12㎏(16ℓ)
防汚トップコート
(推奨オプション)
ダストテクト シラン・フッソ系 クリアータイプの防汚トップコート。超速乾性で、優れた遮水・防汚、塩害抑制効果を発揮します。 4ℓ、18ℓ

フレスコスカラープラスの標準施工手順

■ 事前処理

汚れなどが付着している場合には洗浄などをしてください。洗剤は中性・アルカリ洗剤をご使用ください。
錆の発生が有る場合にはケレンをした後に防錆プライマーを塗布してください。

■ 下地調整(コンクリートの場合)(オプション)

吸水性素地であるコンクリートに対しては「Sクリートアップ」を塗布してください。
希釈は不可ですのでご注意ください。

塗布量:0.15~0.2kg/㎡
布回数:2回
塗布間隔:追っかけ塗布可能。 但し、緻密な下地の場合には30分間隔にて塗布してください(スレート、高強度コンクリートなど

■ 下地調整(鋼板の場合)(オプション)

鋼板が錆びる恐れがある場合には下地調整として「変性エポキシプライマー」を塗布してください。

塗布量:0.05kg~0.10kg/㎡

■ FRESCOS COLOR+塗布

用材料:FRESCOS COLOR+(フレスコスカラープラス)
塗布方法:刷毛、ローラー、吹き付け
塗布量:0.30~0.40kg/㎡
塗布回数:2~3回(0.15kg~0.20kg/㎡×2回)
FRESCOS COLOR+用液体顔料:塗料を撹拌の際にFRESCOS COLOR+用液体顔料を入れて下さい。
他社製の顔料の使用・併用は効果を損ねるため厳禁です。
希釈率:FRESCOS COLOR+(フレスコスカラープラス)1缶あたり16ℓ(12㎏)に対し、
水を5%(0.6㎏)足し、十分に撹拌してください。
フレスコスカラープラス色見本

■ 防汚トップコート(推奨オプション)

 
仕上げにダストテクトを塗布してください。詳細については製品カタログをご覧ください。

販売元

バークス環境

株式会社バークス環境

〒152-0004
東京都目黒区鷹番3-14-13 パステルハイム302
TEL.03-5794-3933
FAX.03-5794-3934
E-mail: bircs@bircs-kankyo.com

施行実績