外断熱・コンクリートの補修・改質・保護で省エネ&ゼロエミッション化を目指すバークス環境

タイル目地からの漏水

外壁タイル目地はいわゆる目地用モルタルです。
防水性がありませんので、雨水はどんどんタイル目地から浸透していきます。
浸透した雨水は躯体まで到達します。
仮に躯体にひび割れがあった場合、
そこから雨水が侵入して室内に漏水していきます。

そのような漏水を防止するには浸透性撥水剤(Sクリートガード)を
タイル面全体に塗布することで防止できます。
Sクリートガードはタイル目地深く浸透し、
長期間(10年程度)タイル目地を防水します。

また、有効成分がナノ粒子の為、タイルの風合いは一切変化させません。
また、タイル目地を防水することで、タイル目地の劣化も同時に抑止できます。

タイル目地からの漏水01

写真の現場は築25年のマンションで、
斜壁のタイル目地より室内へ漏水していました。

斜壁のタイル面からの漏水は数多く発生します。
そこでSクリートガード塗布し、その後4年半経過していますが、
漏水は完全に止まっております。

タイル目地漏水02