外断熱・コンクリートの補修・改質・保護で省エネ&ゼロエミッション化を目指すバークス環境

Sクリートカラー

コンクリート打ち放しの色合わせと劣化した
コンクリートのリフレッシュに最適なコンクリート保護工法
高い遮水性能 自然な外観、風合い

Sクリートカラー(シラン・シロキサン系無機ペイント)はコンクリート打ち放し向けの半透明色調整材です。
耐候性・退色性・施行性に優れ、コンクリート打ち放しの風合いを損なわず、補修跡などの色違いを自然な風合いで色調整できます。

S クリートカラーの多機能な特長

  • 自然な外観
    Sクリートカラーは無機質のため、塗布後の表面は大変に自然な風合いに仕上がります。経年劣化した古いコンクリートにSクリートカラーを塗布すると、コンクリートの表面がよみがえり、新築同様の仕上がり感になります。
  • 色合わせ
    Sクリートカラーは施行性に優れ、自然な風合いでコンクリート表面の色調整が可能です。Sクリートカラーは平均的な薄目のコンクリート色に調色されています。現場での微妙な色調整は専用液体無機顔料(別売り 黒・黄・白)にて調色してください。
  • 中性化防止
    中性化とは炭酸ガス(大気中の二酸化炭素)がコンクリートの成分と反応し、pHを低下させる現象。経年変化に伴い進行します。コンクリート表面が中性化すると、藻やカビ等の菌類が繁殖しやすくなり、劣化が早まります。Sクリートカラー工法はこれらの劣化現象からコンクリートを保護します。
  • クラック抑制
    Sクリートカラーのプライマーとして、浸透性コンクリート改質材「Sクリートアップ」を事前に塗布すると、Sクリートアップの成分がセメント成分と反応し、化学的に安定したCASiO3(珪酸カルシウム)を生成します。この珪酸カルシウムは不溶性のC-S-H結晶(エトリンガイド)としてコンクリート躯体の改質とクラック防止に貢献します。
  • 防水
    浸透性コンクリート改質材「Sクリートアップ」およびSクリートカラーとの組み合わせにより防水効果が高まり、構造物の長寿命化を実現します。
  • 凍害・塩害抑制
    Sクリートカラーのプライマーとして浸透性コンクリート改質材「Sクリートアップ」を事前に塗布すると、凍害や塩害等といった劣化原因から長期間にわたりコンクリート躯体を強固に保護します。

s-crete-color

Sクリートカラーを追っかけ2回塗布。ローラー使用。

02

Sクリートカラー3回目の塗布。3回目は黒顔料を混入し、日塗工N-70程度に調色し、フェルト材にて叩き塗り。

03

調色完了

Sクリートカラーおよび関連製品

chart

 

Sクリートカラーの施行手順

  • 準備
    温度を確認してください(5℃以上45℃以下)。
    Sクリートカラーを1,水を1の割合で配合し、撹拌してください。例⇒S クリートカラー:1Kg、水:1ℓ(1Kg)
    ※Sクリートカラーの希釈率は厳守してください。
  • 養生
    ガラス、アルミ、化粧タイル、樋、手摺、自動車など。
    ※ガラス部分に付着すると、曇りが生じる場合があります。
  • 下地処理
    大きなクラック(0.2mm以上)やジャンカ等の補修を行ってください。貫通クラックは必ず事前補修を徹底してください。事前補修についての詳細は、Sクリートクラック工法を参照ください。
  • 清掃・洗浄
    アルカリ洗浄剤を使用し、高圧洗浄機及びブラシ等で施行面のカビや藻などの汚れを落としてください。
    ※酸性の洗剤を使用した場合は、必ずアルカリ性洗浄剤等を用いて適切な中和処理を行ってください。
    ※新築の打ち放しの場合は、極力離型剤を高圧洗浄等で除去してください。
  • 塗布1
    コンクリートの改質・強化・防水プライマーとしてSクリートアップを事前に塗布してください。
    (Sクリートアップの塗布量は0.2 ㎏ / ㎡。多孔質なコンクリートの場合には0.3 ~ 0.5kg/ ㎡)
  • 塗布2
    Sクリートカラーを清水で倍希釈(S クリートカラー1Kg:水1Kg) し、ローラーにて全面に2 回( 追っかけで) 塗付してください。
    (Sクリートカラーは薄めのコンクリート色に調合されています。)

    ボカシ塗りをする場合は液体無機黒顔料(別売り)を微量加えて濃い目( 日塗工N-70 程度) に調合し、フェルト材等にてハタキ塗りしてください。部分補修も可能です。
    ■ 塗布量:0.2 ~ 0.3kg/㎡(希釈後)

施行実績

施行実績

Sクリートカラー 某RC住宅改修工事

某RC住宅改修工事

南面 施工前

南面施工前1

南面施工前2

 

北面 施工前

北面施工前1

 

北面 Sクリートアップ2回塗布

東面 Sクリートクラックすり込み

 

東面 施工前、クラックの状況

北面 Sクリートアップ2回塗布

 

東面 Sクリートクラックすり込み

東面 施工前、クラックの状況

 

東面 乾燥後、ペーパー掛け

東面 乾燥後、ペーパー掛け

 

東面 補修完了

南面施工前1

補修跡が目立たなく、綺麗に補修されている。

 

東面 Sクリートカラー2回塗り

東面 Sクリートカラー艶有タイプ2回塗り

東面 Sクリートカラー艶有タイプ2回塗り

 

東面 専用液体黒顔料を加えて、濃い目にしたものを フェルト材にて叩き塗りをする

東面 専用液体黒顔料を加えて、濃い目にしたものを フェルト材にて叩き塗りをする

 

南面 専用液体黒顔料を加えて、濃い目にしたものを フェルト材にて叩き塗りをする

南面 専用液体黒顔料を加えて、濃い目にしたものを フェルト材にて叩き塗りをする1

南面 専用液体黒顔料を加えて、濃い目にしたものを フェルト材にて叩き塗りをする2

 

南面 Sクリートカラー 仕上げ塗り 完了

南面 Sクリートカラー艶有タイプ 仕上げ塗り 完了2

 

南面 Sクリートカラー艶有タイプ 仕上げ塗り 完了1

北面 Sクリートカラー 仕上げ塗り 完了

北面 Sクリートカラー艶有タイプ 仕上げ塗り 完了1

北面 Sクリートカラー艶有タイプ 仕上げ塗り 完了

東面 Sクリートカラー 仕上げ塗り 完了

東面 Sクリートカラー艶有タイプ 仕上げ塗り 完了2

 

S クリートカラーの施工要領・事例

築10年経過のコンクリート打ち放し建造物。黒カビと汚垂れによる汚れが顕著。 梁端部。コンクリートの表面に黒カビや苔が集中して発生している。 鉄筋が錆びて爆裂している様子。 浮き部をはつり、ペガサビンにて鉄筋の防錆処理を施Continue Reading