外断熱・コンクリートの補修・改質・保護で省エネ&ゼロエミッション化を目指すバークス環境

コンクリートの亀裂の補修・改質・保護|Sクリートクラック工法

築15年の鉄筋コンクリート建築の
コンクリート打ちっぱなし面に生じた亀裂の補修・保護工事を
Sクリートクラック工法にて行いました。

施工前

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)1

爆裂箇所

おおきな亀裂が生じています。

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)2

爆裂箇所の斫り後

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)3

鉄筋の防錆処理

Sクリートアップ塗布後、特殊樹脂モルタルにて補修。

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)4

 Sクリートカラー塗布

補修モルタル乾燥後、Sクリートカラー(シランシロキサン系無機ペイント)にて
色合わせ後の状況。 補修跡がほとんど分からなくなっている。

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)5

サッシ下のクラック(施行前)

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)6

Sクリートクラックにて補修(施行後)

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)7

Sクリートクラックにて補修。

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)8

クラック箇所(施行前)

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)9

Sクリートアップを十分に塗布。

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)10

追っかけにて、Sクリートクラックをすり込み・注入。

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)11

極力、表面に付着している材料はそぎ取るか、ふき取る。

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)12

施工直後の状況。乾燥すると補修跡は目立たなくなる。コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)13

クラックに十分にSクリートアップを塗布。

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)14

Sクリートクラックをすり込み・注入の様子。コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)15

Sクリートクラック注入直後の状況。

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)16

乾燥後の状況。補修跡は目立たなくなっている。コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)17

Sクリートガード塗布

爆裂補修・クラック補修終了後、全体にSクリートガードを塗布する。
コンクリートを長期間防水し保護できる。
また、藻・黒カビ等の発生を抑制し、 永く美観維持ができる。

コンクリート打ちっぱなし補修・保護工事(sクリートクラック)18

s-crete-crack