外断熱・コンクリートの補修・改質・保護で省エネ&ゼロエミッション化を目指すバークス環境

東京大学医科学研究所 1号館改修工事|Sクリートガード

工事名 東京大学医科学研究所 1号館改修工事
測定点 外壁タイル面、屋上笠木廻り防水工事

 

1号館工事中外観
70年経過した外壁タイル面に防水・保護目的で、Sクリートガードを塗布

1号館工事中外観

 

施工前、外壁タイルの状態。
70年前のタイルが現存しているが、やはり汚れが目立つ。

施工前、外壁タイルの状態。 70年前のタイルが現存しているが、やはり汚れが目立つ。

 

施工前
歴史的文化財の為、タイルの風合いを損なわず、防水・保護が可能なSクリートガードが採択された。

施工前 歴史的文化財の為、タイルの風合いを損なわず、防水・保護が可能なSクリートガードが採択された。

 

1号館屋上笠木は、セメント洗い出し仕上げになっている。

1号館屋上笠木は、セメント洗い出し仕上げになっている。

 

劣化が進んでいる為、防水・保護目的に、Sクリートガードを塗布

劣化が進んでいる為、防水・保護目的に、Sクリートガードを塗布

 

工事完了
外壁タイル面全体にSクリートガードが塗布されている。

工事完了 外壁タイル面全体にSクリートガードが塗布されている。

工事完了
70年の歴史を感じされる建築物である。

工事完了 70年の歴史を感じされる建築物である。

 

 

Sクリートガード