外断熱・コンクリートの補修・改質・保護で省エネ&ゼロエミッション化を目指すバークス環境

Tag Archives: 工法

S-CRETE-RESTORATION

経年による劣化したコンクリートをリフレッシュ
長寿命化に最適なコンクリート再生工法Sクリート・リストア工法

1p-01
Sクリート・リストア工法は劣化したコンクリートのリフレッシュに最適なコンクリート再生工法です。劣化したコンクリートを改質強化し、コンクリート打ち放し本来の風合いを再現すると同時に、長期間に渡り防水効果を発揮し、コンクリートの劣化を防止します。

Sクリート・リストア工法 施工例

Before

Before

After

After

Sクリート・リストア工法の特長

1. Sクリート
アップ塗布
・中性化したコンクリートのアルカリ性回復
・劣化したコンクリートの改質・強化
・クラックの再発防止
矢印
ペガサビン塗布
(オプション)
・浸透性亜硝酸系防錆剤により鉄筋の腐食を回復、防錆
・鉄筋部の劣化が著しい場合に適用
矢印
2. Sクリート
クラック工法
・クラックをVカットせず、きれいに補修
・劣化の著しいコンクリート表面の再強化
矢印
3. Sクリート
カラー塗布

・劣化し変色したコンクリートの美観を回復するために
ファンデーションコート
※床面への適用にはSクリートフロアー(床用調色材)を推奨

矢印
4. Sクリート
ガード塗布
・長期間に渡る超撥水効果及び防水効果によりコンクリートを保護
※Sクリートガードの代わりにダストテクトの使用も可

浮き部をはつり、鉄筋の防錆処理をペガサビンで施し た後、Sクリートアップを塗布。ペガサビンは浸透性鉄 筋防錆材です。

浮き部をはつり、鉄筋の防錆処理をペガサビンで施し
た後、Sクリートアップを塗布。ペガサビンは浸透性鉄筋防錆材です。

Sクリートカラーの施工時にスポンジを用いることでぼかし塗りも可能

Sクリートカラーの施工時にスポンジを用いることでぼかし塗りも可能。

S クリート・リストア工法の施工事例

経年による劣化したコンクリートをリフレッシュ
長寿命化に最適なコンクリート再生工法

事例その1

 

築12年のコンクリート擁壁。汚れと汚垂れが顕著なため、Sクリート・リストア工法で補修
を実施。

1.1 浮き部をはつり、鉄筋の防錆処理をペガサビンで施した後、Sクリートアップを塗布。ペガサビンは浸透性鉄 筋防錆材です。

 

Sクリートアップ塗布後 Sクリートクラックをゴムベラにてすり込み作業。Sクリートアップの効果によりコンクリートの改質・緻密化、アルカリ性回復。また補修モルタルとの接着性が増強されます。

1.2 Sクリートカラーの施工時にスポンジを用いることでぼかし塗りも可能

 

Sクリートクラックによる補修後は、サンドペーパーをかけると補修跡が目立たなくなります。

1.3 経年による劣化したコンクリートをリフレッシュ。長寿命化に最適なコンクリート再生工法

 

Sクリートカラーを水で倍希釈しローラーにて全体に塗布。(2回塗布)

1.4 Sクリートカラーを水で倍希釈しローラーにて全体に塗布。(2回塗布)

 

Sクリートガード塗布(2回塗布)。長期間の防水、防汚効果を発揮します。

1.5 Sクリートガード塗布(2回塗布)。長期間の防水、防汚効果を発揮します。

 

新築時を再現するように綺麗に復元できました。

1.6 新築時を再現するように綺麗に復元できました。

 

事例その2

築12年のコンクリート打放し構造物。外壁の汚れが顕著。

2.1 築12年のコンクリート打放し構造物。外壁の 汚れが顕著。

 

高圧洗浄にて洗浄。

2.2 高圧洗浄にて洗浄

 

Sクリートアップ塗布。水養生不要のため外壁部への塗布も簡便。

2.3 Sクリートアップ塗布。水養生不要のため外 壁部への塗布も簡便。

 

Sクリートカラー塗布 (2回塗布)。Sクリートカラーは自然な仕上がりになります。

2.4 Sクリートカラー塗布 (2回塗布)。Sクリート カラーは自然な仕上がりになります。

 

Sクリートガード塗布(2回塗布)。

2.5 Sクリートガード塗布(2回塗布)

 

施工完了。コンクリートの美観が甦り、改質・防水保護されています。

2.6 施工完了。コンクリートの美観が甦り、改質・防水保護されています。

S クリート・リストア工法の製品と種類

4.1 S クリート・リストア工法の製品と種類

* 注1:S クリートクラックの製品カタログをご参照ください。

S クリート・リストア工法の施工手順

高圧洗浄
アルカリ洗浄剤を使用し、高圧洗浄機及びブラシ等で施工面のカビや藻などの汚れを落としてください。
※酸性の洗剤を使用した場合は、必ずアルカリ性洗浄剤等を用いて適切な中和処理を行ってください。
※打ち放しの場合は、極力離型剤を高圧洗浄等で除去してください。
矢印
養生
ガラス、アルミ、化粧タイル、樋、手摺、自動車など。
※ガラス部分に付着すると、曇りが生じる場合があります。
矢印
S クリートアップ
塗布
Sクリートアップ(原液/無希釈)をローラーまたは噴霧器にて全面に均一に塗布(塗布)。塗布量:200cc/㎡以上。
矢印
ペガサビン塗布
(オプション)
鉄筋の爆裂や剥離などのポップアップ現象等の補修にはペガサビン(亜硝酸系鉄筋防錆材)の使用を推奨。
矢印
S クリート
クラック工法
(クラック
注入工法/
表面被覆工法)
クラック注入工法の場合は、ゴムベラ等にて摺り込み補修。表面被覆工法の場合にはローラーを用いて塗布。
矢印
S クリートカラー塗布
S クリートカラーを清水で倍希釈した後、ローラーにて全面に塗布
(1~2 回)。
ボカシを強調する場合は液体無機黒顔料(別売)を微量加えて濃い目に調合し、硬めのスポンジまたはフェルト材等にてハタキ塗りしてください。
塗布量:150 ~ 200cc/ ㎡(希釈後)。
※床面への使用には「S クリートフロア」を推奨。
矢印
S クリートガード塗布
S クリートガード( 原液/ 無希釈) をローラーまたは噴霧器にて全面に均一に塗布(2 回)。塗布量:100 ~ 150cc/ ㎡。
※S クリートガードに代わり、ダストテクトを仕上げ材として用いることも可。

◎ 各製品の詳しい内容については、各製品カタログおよび施工仕様書にてご確認ください。