1. HOME
  2. ブログ
  3. 漏水・防水
  4. コンクリートは防水しないと劣化する

コラム

コンクリート・コラム

漏水・防水

コンクリートは防水しないと劣化する

コンクリートの主な劣化要因としては、中性化・塩害・凍害・アルカリ骨材反応・ 等があげられますが、これらは適切に防水することで大方抑制することができます。

コンクリートにとって適切に防水することが非常に重要なことなのです。
中性化や塩害はコンクリートを酸性化させコンクリート内の鉄筋を錆びさせます。 鉄筋が錆びると膨張しコンクリートを押し上げて爆裂現象を起こします。

凍害やアルカリ骨材反応はコンクリートのひび割れの原因になります。

それも大 きなひび割れにつながりますので、そこから雨水が浸入し増々劣化が促進していきます。
しかるに、コンクリートを適切に防水してあげると100年以上は問題無く維持 できますが、防水していないと30~50年程度で駆逐してしまいます。

また、コンクリートの劣化には透湿性が大きく影響してきます。 透湿性とはコンク リート内の湿気(水蒸気)を外に逃がす性能の事を指します。
コンクリート内に湿 気が常にあると中性化を促進し、鉄筋の錆につながります。

例えば、防水性の高い 樹脂系塗料などを施工するとコンクリート表面を塞いでしまい、湿気が逃げずに劣化 の要因の一つになります。
コンクリートは乾燥した状態を維持するのが良いわけで す。

したがって、コンクリートの延命、長寿命化を実現するには、長期間(10 年以上)防 水性が持続し、かつ透湿性の良い防水剤の選定が不可欠になります。

コンクリートの補修や強化や劣化防止は下記から↓

関連記事